ナチュラルなメイクに仕上げるコツ

メイクは女性の魅力を引きだすものですが、最近ではナチュラルなメイクに人気がでてきています。こちらでは、綺麗な素肌に見えるナチュラルメイクのコツをご紹介したいと思います。

ベースメイク

ナチュラルメイクでは素肌感を強調するので、土台となる化粧下地が重要になります。健康的な顔に見せるためにも、自分の肌の色に合った下地を選びます。化粧下地を塗る前のスキンケアも大切です。しっかり保湿ケアをしておくことで、メイク後のお肌に透明感がでてきます。

また、ファンデーションの塗り過ぎには注意します。お肌を綺麗に見せたいからといってファンデーションを塗りすぎてしまうと、ナチュラルメイクどころか厚化粧に見えてしまうからです。カバー効果のある化粧下地を使用しているなら、ファンデーションを塗らなくてもいいでしょう。

チークとリップ

もともと健康的な肌色の方や血色がいい方は、チークをしなくても大丈夫でしょう。しかし、あまり血色がよくない、顔色が悪いという方はチークを使うと綺麗な肌に見えます。ナチュラルメイクに見せるチークの色は、肌の色に合わせます。例えば、色白で青みが多い肌の方は黄みが少ないピンク色を、黄みが多い肌の方はオレンジやコーラルピンクなどが適しています。

そしてリップメイクは、発色が強い口紅よりも自然に色づくグロスがおすすめです。ただし、あまりグロスをたっぷり塗ってしまうと不自然な感じになるので控えめにします。ラメが入っていないグロスを選ぶのがベストです。

アイメイク

アイラインの色は黒より、ダークブラウンやブラウン系を選び、引くときも、上まつげだけにしておくとナチュラルな感じになります。アイメイクで気をつけたいのがマスカラの使い方です。まつげが濃すぎるとナチュラルさに程遠くなってしまいますし、反対に薄すぎると顔がぼやけて見えてしまいます。自然な感じに仕上げるには、まつげのボリュームよりも長さに重点をおくといいでしょう。まつげの長さが短いと感じている方は、まつげカールをするとナチュラルメイクでも自信がもてる目元になるでしょう。

世田谷でまつげカールをするなら、ディアマンテへお越しください。短いまつげもしっかり根元から立ち上げていきますので、ナチュラルメイクでも大きな目元が実現できます。小田急線の豪徳寺駅から近いのでアクセスしやすいです。また、岐阜の瑞浪にも店舗がありますので、岐阜にお住まいの方もご利用いただけます。