目のタイプ別で異なるアイメイク

アイメイクの仕方によって印象が大きく変わります。メイクにも流行があり人気のアイメイクもありますが、目の大きさや形は人それぞれ異なります。流行に合わせるだけではなく、ご自分の目元に合ったアイメイクをすることも大切です。こちらでは、アイメイクのコツを目元の特徴ごとにご紹介していきます。

一重まぶた

一重まぶたの場合、目が細く小さく見えてしまう傾向があります。しかし、一重まぶたを生かせば、キリッとした印象深い目元になれます。アイラインは目を開けると見えにくくなるので、太めに引くのがポイントです。目を伏せて引くと目を開いたときにまぶたでアイラインが隠れてしまうので、最初から目を伏せないで引きます。

アイシャドウは、薄い色を使うとまぶたが腫れぼったくなってしまうので、濃い色を選びます。ブラウン系なら目力のある目元に見えるのでおすすめです。ピンクやオレンジといった明るい色を選ぶときは、できるだけ濃い色を選ぶといいでしょう。

奥二重まぶた

まぶたがかぶさり、ラインが潰れて見えがちな奥二重まぶたでは、せっかくアイメイクをしても二重の間にアイメイクが隠れてしまうのが問題点です。二重の幅が細いので、太めのアイラインを引いてしまうと、アイラインに二重が隠れてしまい一重まぶたのように見えてしまいます。そのためアイラインを引くときは、細くしっかりとした線を引くのがコツです。まつげの根元を塗りつぶすくらいしっかり引くことで、力強い印象の目になります。

アイシャドウの色は、赤味のある暖色系は膨張して目が腫れぼったく見えてしまうので、グレー系やカーキ系などクールな感じの色を選ぶといいでしょう。

アイメイクをする際にはビューラーが欠かせませんが、毎日ビューラーを使ってアイメイクをするのが面倒という方は、まつげパーマをしてみてはいかがでしょう。まつげパーマをしていれば、ビューラーを使わなくても簡単に上向きカールが実現できます。世田谷区の豪徳寺駅近くにあるディアマンテでは、お客様に合ったまつげパーマを致します。

まつげパーマ専用の液を使いますので、かぶれなどの心配もほとんどなく、事前に健康状態の確認のためにもカウンセリングを行いますので、安心して施術が受けられます。豪徳寺付近でまつげパーマをご検討中の方は、是非ディアマンテをご利用ください。